展示会イベント会場での映像制作

映像を展示会やイベントなどで利用すると効果があります。

映像というのは、セミナーや内覧会の場合でも多くの人の目を引きつけます。
(ここでいうイベント映像は映像制作会社に依頼して制作するものをさします)

映像を制作すると、イメージ・情報を印象的に来場する人に伝えることができます。

映像制作を活用する方法としては、人を魅力ある映像によってひきつける、ブースへ誘導する、より深い情報を、展示する内容をより充実したものにして発信する、差別化を別のブースと図って、展示内容を興味を引くようにイメージづける、会場における商談率をアップさせる、などが挙げられます。

映像制作を展示会やイベントなどで利用した実績例についてご紹介しましょう。

物流展用として、WEB素材やカタログを使って物流についてのソリューションを要領よくまとめて、ステージのインターバル用とオープニング用に使い分ることができるように、いい使い勝手のツール化を図りました。

このことによって、より別のブースとの差別化を図ることができました。

最近では、イベントや展示会で映像を流すことはよくあります。
映像は普通にスピーチをするより、より来場者にインパクト、ときに深い理解を与えることができます。
メラビアンの法則からわかるように、人の第一印象は非言語の部分で9割占めているので、政治家の演説のようにただ立って話していたって、人の興味は引けません。
よって映像を使うのは大事です。

しかしイベントや展示会で流す映像はしっかり制作する必要があります。
映像とBGMがかみ合わないと見ている人に違和感を与え、観客から興味が失われます。他にも気をつけることがたくさんあります。
映像を作りたいけど、やり方がわからない場合は、制作会社に頼むのも一つかもしれません。
複数の出し物があるイベントや展示会では、一瞬一瞬に来場者に興味を持ってもらうような仕掛けしていないと、誰も見向きをしません。
なので会場の雰囲気や来場者の視点を想像しながら作るといいでしょう。そうして出来た作品は来場者の目を引き人気になることでしょう。